手根管症候群とは、本人には原因不明の手の痺れや痛みが起こり、酷くなると筋萎縮を起こして、物をつかんだりする事が困難になってしまう手の病気です。手根管症候群の原因は、腱鞘炎やむくみ・骨折・腫瘤などにより、手の神経が慢性的な圧迫を受けることにより起こるとされています。神経の圧迫が痺れを起こし、やがて痺れから痛みへと段々と悪化していき、最終的には手を思うように使えなくなっていきます。昨今では、人さし指・中指・薬指の1本に痺れを感じたら、手根管症候群を疑った方が良いといわれるになりますよね。もし、そっぽい症状が生じたら、すぐにでも病院での診察を受けるべきんですね。この他にも、近頃では、人工透析やホルモンバランスにも原因があるためはかも知れません。手根管症候群は、男性より圧倒的に女性患者が多く、特に女性患者でもホルモンバランスが崩れ始める中高年女性や妊娠中の女性によくみられるからです。手根管症候群の症状は、目覚めの時間前後に感じることが多く、手指の痺れで目を覚ます事もあるだといえますね。症状が出始めの頃は、手を振ったり、マッサージを行うようにすると症状が治まりますが、原因となっている要因を取り除かなければ自然治癒の可能性はなく、悪化の一途を辿ります。そして、その原因が特定出来ないケースの方が多いんです。筋萎縮をおこしてしまってからでは取り返しが付かなくなりますので、症状を感じたらちょっとでも早く病院に行くようにしてくださいー